前へ
次へ

賃貸管理の業務内容とは

不動産の賃貸経営をするときには賃貸管理をする必要がありますが、どのような業務内容になっているのかを知っているでしょうか。業務内容は大まかには二つに分類することが可能で、入居者管理と物件管理と言われています。入居者管理とは入居者を募集広告を出したり、賃貸契約をしたり、退去手続きや退去後のクリーニングをしたりする業務です。入居中に入居者からのクレームに対応することや家賃を徴収することも含まれます。一方、物件管理とはマンションなどの賃貸に使用している不動産の維持や管理に関わる業務です。消防設備などの定期点検や建物の共有部分の清掃などをすることが日常的な仕事になります。また、建物を放置していると自然に経年劣化を起こしていってしまうため、修繕計画を立てて積立をすることも必要です。このような二つの業務を並行して行っていくことで適切な賃貸管理ができ、不動産の賃貸経営による資産形成を続けていけるようになります。

Page Top