前へ
次へ

賃貸管理には「一部委託型」もある

賃貸管理は、「一部委託型」というのがあり、賃貸借契約の更新や未収金の督促などの専有部分の管理だけ管理会社に依頼することができます。この型の場合は、共有部分の管理を大家自らが行うことになるので、その点はデメリットだといえます。しかし、管理会社に共有部分の管理をお願いする費用がかからないというメリットも。賃貸経営に関する能力が高く共有部分の管理を行う際に業者選びや指示出しを自分できるなら、賃貸管理の「一部委託型」を選択するのもいいでしょう。支出を抑えて、収益性の高い賃貸物件を買う場合の購入資金の一部にすることもできます。また、アパート経営を行う場合には、「一部委託型」はおすすめです。というのも、アパートはエレベーターなどの法定点検をするようなものが無く、かつ、常時維持管理することが求められる設備が存在しないことが理由。掃除は必要となりますが、それほど専門的な知識は必要にならないので、多くの人ができることです。

Page Top